症例

かぶせ物の境目が黒い

前歯などにかぶせ物の治療を行い、数年たった後、

歯ぐきが黒ずんでしまったことはありませんか?
歯と歯茎の間に黒いラインが入ってしまったり、歯ぐきが変色してしまった状態の事を、

ブラックマージン」や「メタルタトゥー」と呼びます。

前歯にブラックマージン(メタルタトゥー)が出てしまうと、

笑った時に目立って気になるので、白くキレイな状態に改善したいと相談される患者さまが多くいらっしゃいます。

 

この原因は何でしょう(。´・ω・)?

ブラックマージンができてしまう原因は様々あります。
裏側に金属を使用しているかぶせ物の金属が、加齢などで歯茎が下がり露出してしまうものです。
他にも、歯のかぶせ物や土台部分に使用されている金属の成分が、歯ぐきに流出して、

歯ぐきが黒っぽく変色してしまうことがあります。

当院では土台もファイバーコアといって白い土台を使用しておりますので

歯ぐきが黒くなる心配はございません。

セラミッククラウン術前

セラミッククラウン術後

セラミッククラウン術前右

セラミッククラウン術後右

だいぶ印象が変わります(^^♪

  • before

    Before

  • after

    After

処置回数5回~6回
処置費用1歯120,000円